短期間の訪タイと長期間の訪タイでの夜遊びの仕方の違いは?

短期間は夜遊びに専念できる

僕は最長でも1週間くらいの訪タイしか経験がありません。

その理由は単純明快で仕事しながらでは長期休暇は長くても1週間くらいだからです。

1週間以上訪タイをしたいという気持ちはもちろんありますが、今の生活では物理的に無理です。

1週間以内という短期間の訪タイだと夜遊びだけに専念できます。

今のところ僕はまだ性欲はガンガンあるので過去の訪タイでは毎日夜遊びしてました(笑)

本当に毎日毎日です。

しかも本当に楽しくて仕方なかったです、毎日が夢のような日々でした

そんな幸せな日々を過ごしているので、毎回帰国日は絶望的な気持ちになっていますね。

このままタイに居続けたいといつも思っています。

1週間という短い期間で、しかも海外にいることもあり、できるだけ自分の好きなことだけをして過ごそうと考えて行動します。

ということは僕の場合は夜遊びだけを満喫しようと考えてしまいます。もうしょうがないです。

現に観光なんてほとんどしてません、海外にいるにもかかわらず・・・

でも、自分にとって好きなことしかしていないので夜遊びだけの毎日は僕にとって最高に幸せな時間の過ごし方です。

冗談ではなく本当に僕にとって生きがいそのものですね、タイの夜遊びは

 

 

未知の領域、長期間のタイの夜遊びの過ごし方

短期間しか訪タイを経験をしたことがない僕にとって長期間の訪タイは憧れです。

タイはノービザで30日間まで滞在できます。(確かそのはず)

1ヶ月もタイに滞在できれば言うことなしですね。

体験したことがないから分からないのですが、1ヶ月もタイにいると夜遊びの仕方に変化があるのですかね?

 

僕が思ったことは

大好きな夜遊びでも1ヶ月間も毎日夜遊びはできるの? 途中で飽きる?

そもそも1ヶ月間も毎日夜遊びするのはお金が足りない

 

①については僕は平気な気がします。

1ヶ月毎日夜遊びは余裕ですね、何たって夜遊びが大好きなので。

毎日ゴーゴーバーに行くと思います。

好きなことを続けることに対して人間は苦痛を感じません

問題は②ですね。

予算が足りなくなるはずです。

大企業の高給サラリーマンならまだしも僕のような中小企業の安月給サラリーマンだと1ヶ月間も夜遊びをしようとしても間違いなく途中でお金が底を尽きます。

そもそも働きながら1ヶ月も休むことは不可能です。

おそらく僕にとって1ヶ月の夜遊びは現実的に無理です、時間と言いお金と言い。

ジャンボ宝くじが1等当選すれば、仕事なんて辞めてタイで好きなだけ夜遊びができますが無理でしょうね、当たるわけがない。

結局僕にとって長期間のタイでの夜遊びは憧れだけで終わりそうです。

いいんです、その分短期間でタイの夜遊びを堪能すれば!!

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です